×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ダイエットニュース(Ninja)

松村邦洋が9時間超でフルマラソン完走

体重105キロのタレント松村邦洋(39)が、フルマラソンの大会に出場して42・195キロを走り抜いたことが12日、分かった。出場したのは1日にオーストラリアで約1万4000人が参加して行われた「ゴールドコーストマラソン2007」で、9時間9分6秒で完走した。制限時間が7時間10分のため、公式記録は残らなかった。
 最後は観客がゴール地点から家路に就く中、1人でゴールを目指した。「独りぼっちで追試を受けていた高校時代の気分だった…」とゴールを振り返った。
 今回の挑戦はオーストラリアゴールドコースト観光親善大使を務める和田アキ子(57)が、松村に「走ってこい」と命令。1カ月間、筋力トレーニングを積んだが、ジョギング練習は皇居1周のみ。1キロ10分のペースで歩いても、7時間2分台でゴール可能だけに、トレーナーから「7時間で完走できる」と励まされていた。しかし、本番では10キロすぎから歩くことが多くなり、20キロであきらめようと思った。それでも、「アッコさんからいただいた『デブでもやれるところを見せろ』のゲキが励みになった」とリタイアしなかった。
 一時は身長165センチながら体重140キロを超えた「デブキャラ」だが、ここ数年のダイエットで約35キロ絞った。マラソン後の体重は量っていないが、最近は筋肉質になったそうで関係者は「100キロは切っていない。筋肉がついてガッチリしたのでは」という。
 松村は「今後は東京マラソンで8時間、来年のゴールドコーストで7時間以内に走れるように今から筋力をつける」という。この模様はTBS「アッコ親善大使も納得 オーストラリア遊んで食べてマラソン走っちゃうぞ旅」(15日午後2時)で放送される。
最終更新:7月13日9時38分
日刊スポーツ

松村邦洋、脱デブタレ宣言…31キロ減に成功

今や、バラエティーやグルメ番組に欠かせない存在が“デブタレント”。その先駆けともいえる松村邦洋(38)が、この半年余りで30キロ超の減量に成功した。デブがウリの松村には、脂肪はまさに商売道具。“メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)”が問題視されるとはいえ、やせてしまっては“デブタレ”には自殺行為とも映る。さて、その真意は?

 ピーク時に141キロあった体重が、今は110キロ台という松村。確かにほおが幾分スッキリしたようで、「人間の域を超えたデブが、人間のデブに戻っただけ」と妙な謙遜ぶりを見せた。

 を決意したのは、1年前、ホンジャマカの石塚英彦(44)や内山信二(25)ら「デブの健康組合」の決起会がきっかけとか。

 石塚が、「みんな同時にやせればバレないだろう」と提案。そろって5キロやせることを固く誓ったそうだ。ところが、サボった松村だけが、逆に10キロ増。これには「松っちゃん、マズイよ。そのままだと死ぬよ」と業界のデブタレ勢がこぞってその身を案じた。

 以前から医者に「痛風と糖尿がマジック1」と宣告され、落とした物が拾えない、小便はズボンに垂れる−そんな悩みもあった。自宅マンションの階段を上れば異常に息が切れ、耳元で「24時間テレビ」のエンディング曲「サライ」が流れ出すなんてこともあった。これには、さすがの松村も脂肪ならぬ“死亡”を意識して、ダイエットを決断したのだ。

 「基本はジムで水泳。5時間泳ぐこともありました。体力? デブって瞬発力ゼロだけど、耐久力はある。筋肉痛もないですね。常にガソリン満タンなんですよ」

 ウェイトトレーニングと食事制限、そして、極めつけが、女性誌「CanCam」を読みながら、夜中の公園を歩くという話題の「CanCam ダイエット」だ。

 「押切もえちゃんやエビちゃん(蛯原友里)が“松っちゃん、がんばって”と励ましてくれた。調子いいと、読者モデルまで“ねえ、私だよ、42ページ開いて”って」

 この妄想で、体重が大幅減。これに気を良くして、「今後もダイエットに励む」と俄然、前向きだ。

 しかし、かつて、伊集院光(38)が激やせした際、仕事がこなくなるからと事務所に怒られ、体重を戻した例もある。

 松村は「健康あっての仕事。やせて仕事が来なくなったら、また原点に戻って芸を磨く」と意外にも潔い。脂肪か死亡か? 二者択一を迫られるデブタレには同情するが、すっきりボディーで芸も磨き上げてほしいものだ。

ZAKZAK 2006/06/12

まっちゃん

身長は164cmと小柄であり、上京した頃の体重は75kgだったが、2006年5月当時は100kg台になっており(一時140kgを超えたこともあった)、また、同年8月17日のスーパーニュース内での放送で体重は99.2kgまで痩せた。(体重測定は8月11日)これには掛布雅之との男の約束もあった。伊集院光、石塚英彦(ホンジャマカ)と共にデブタレント(デブタレ)の「御三家」、さらにパパイヤ鈴木(もしくは内山信二)を加えて「四天王」と呼ばれている。また、デブタレント界の間で松村は「キング」と呼ばれているが、高木ブーは神と崇められている。

ダイエットウハウハ

2日放送の「水戸黄門第37部」(TBS)ダイエットの第13話が17.0%の高視聴率をマークした。  ダイエット同シリーズは1969年8月から放送がスタートした名物長寿時代劇で、5代目・ダイエット様をダイエットが演じるようになってからも、安定した数字を残している。  今回のシリーズから8年ぶりに人気キャラクターダイエットが復活。第13話にはダイエット連続テレビ小説「ダイエット」の主役コンビだった岩崎ひろみとダイエット麻衣子がゲスト出演したこともあって、視聴率がさらにアップした。
 ダイエットは2時間スペシャルが放送される。どこまで数字を伸ばせるだろうか。

ダイエットのダイエット一般女性と七夕婚

人気お笑いコンビ、ダイエット(36)が今年7月7日、女性(30)と結婚したことが分かった。10日にダイエットレギュラー番組(名古屋地区のみ放送)で、新婚旅行も未定。  ダイエットサッカー部でDFとして活躍、ダイエットへ進学した。ダイエット卒業時には、ダイエットへ入団が内定していたが、ダイエットと94年にコンビ結成した。

トップページ
メニュー1
メニュー2
メニュー3
メニュー4
メニュー5

新着情報

Copyright© 2005-2007
k2-s.com All Rights Reserved.
HTML Templates